スマホが壊れた場合は静岡のiPhone修理専門業者を利用しよう

SITEMAP

iPhoneのカメラ機能

水没させてしまったスマホは直ぐにiPhone修理に出そう

歴代のiPhone

iPhone7以降、iPhone8シリーズやiPhoneXは防沫・耐水・防塵仕様となっおり、完全防水と誤解していませんか?たしかに、IEC規格60529のIP67等級の防水性は確保されているものの、iPhone自体は完全防水ではないのが実態です。公式ホームページからも防水ではなく耐水といった説明がされているため、完全水没した場合には速やかにiPhone修理の専門店に依頼して対処を行いましょう。
iPhone修理の専門店に持ち込む際、まずは電源を切ることが需要であり、これにより内部基盤のショートを防ぐことができます。インターネット上ではドライヤーで乾燥させるなどの対策が紹介されているものの、内部に浸入した水分には効果はありません。それどころか、高熱により電子部品にダメージが生じる可能性があります。水没直後ならiPhone修理の専門店では分解を行い、内部清掃により水分を除去、電子部品を傷めない特殊な溶剤や乾燥剤を利用して徹底的に水分を取り除きます。電源未投入の状態なら内部に保存されたデータが破損するリスクも低くなります。また、分解程度で部品交換も行われていないというのであれば、水濡れの有無のチェックシールの反応が無ければ、次回は正規修理を受けられる可能性も残っています。